【2万円で買える!】 ON/OFF両用のバッグを選ぶはずが!?

爽やかな秋晴れの下。東京駅のほど近くに、グレーのスーツに身を包みサングラスをかけた我らが編集長、干場義雅の姿が。「今日はとある方に呼び出されまして……」と、そこに登場したのは、おなじみFORZARの高橋勲さん。

FORZAでは、モデルとして活躍するだけでなく、ブログを書いたり、動画やイベントに出演するなど大活躍。一方で旅行や競馬を愛し、食にも詳しいのです。「高橋さん、この前教えてくれたラーメン店、めちゃくちゃ美味しかったです! 今日も美味しい中華ですか?」

「いえ……今日はONにもOFFにも使えるバッグを探していまして、干場さんに一緒に見に行ってほしいんです」

「あれ? 中華じゃないの?」

ちょっぴり残念そう(?)な干場のボケはさておき(笑)、2人が向かったのは、KITTE丸の内の3階にあるセレクトショップ「MANO garment complex」。その一角に、高橋さんが気になるというバッグがありました。

「これはP.i.dというブランドなんですけれど、品質もデザインもよくて、値段もリーズナブルなんですよ」といきなり干場にバッグの説明をはじめる高橋さん。どうやら事前にあれこれリサーチ済みで、ジップタイプとトートタイプのどちらにするか悩んでいる模様。

と、そこに現れたのはショップスタッフの岩瀬 歩さん。
「こちら、selva(セルヴァ)というシリーズでして、見た目がすっきりとしたきれいめのデザインになっています」

A4サイズの資料も余裕で入る大きさのバッグは、中にパッドが入っており、パソコンなどを持ち歩く際も安心。内側のポケットも豊富なうえ、サイド下部のツマミを持つとファスナーが簡単に開け閉めができるようになっていたり、スマホなどを入れるのに便利な切り込み式のポケットが外側にあったりと、いたれりつくせり。牛革に型押しで、傷がつきにくいのもビジネスユースにはぴったりです。しかもお値段なんと2万円!

高橋さん、トート型も気になりつつも、ジップタイプのほうに心が傾いているようです。これはすぐ決まりそう、と思いきや……ん!? 他のP.i.dのバッグも見始めてしまいました。

「この色も素敵ですね。でも女性っぽいかな?」

「いまのトレンドを取り入れて、バックパックとかもいいんじゃないですか?」干場の発案でバックパックにも挑戦。

「かっこいいじゃないですか」「似合います」と言われ、まんざらでもない様子。「バックパックとか持っていないので……」え? そっち系に行く? 高橋さん、今日はON/OFF両用で使えるバッグを探しに来たはずですよね? もしや、迷いの森に入り始めた?

ここで、オススメ上手の干場がさらに追い打ちをかけます。
「高橋さん、これはどうですか?」

干場が目をつけたのは、cruzar(クルザール)という最近登場したシリーズ。編み込まれた革が表情豊かで、大人気なのだそう。こちらのバッグも内側のポケットが充実。サイドのスナップを外すとマチが大きく広がり、かなり多くの荷物を収納できそうです。

「ややカジュアルな印象なので、オフ向きですかね。一泊くらいの旅行に良さそうですね」

「他の色もありますよ」と、店頭に並んでいたコン以外に、クロやグレーも見せてもらい、迷いの森のさらに奥まで入り込んでしまった高橋さん。色は? 形は? 果たしてどのバッグに決めたのでしょうか? 結果は動画でお楽しみください。
高橋チョイスはどのバッグ? 結果は動画でお楽しみください!

※動画内でベージュと表現しているバッグの色は、カタログ上では「グレー」となります。ご了承ください。

【店舗情報】
MANO garment complex
東京都千代田区丸の内2−7−2 KITTE丸の内 3階
TEL 03−5220−2730
http://www.manogc.jp

【提供元】
LOWARD
千代田区東神田3−4−5
TEL 3861−2051
http://loward-store.com

関連記事

  1. 2018夏フォースター福袋3万円 開封!!【MoKKoM】

  2. レッドデッドオンライン!適当にお金集め!

  3. 乃木坂46 46万円使い切ろう 裏がありそう.お金に怖がるななみん

  4. 【ディズニーシー】一万円企画大リベンジ!!

  5. 応募者・求職者に合わせたコミュニケーションツールを選ぶ【お金をかけず定…

  6. 【一杯2万円】世界一高級なふわふわかき氷がヤバすぎた!!

  7. 落合陽一 間もなく激変する「お金の新常識」【松本人志】【武田鉄矢】

  8. 【敢えて語る】99%の人がお金を稼げない不都合な真実【深夜の雑談】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。