予算100万円で現行型ノートを狙う際に覚えておきたい3つのポイント

予算100万円で現行型ノートを狙う際に覚えておきたい3つのポイント
————————-
2019/01/12 ▲コンパクトで使い勝手の良さが人気のノート。100万円以下の狙い目条件をご紹介 エンジンで発電し、モーターで走るタイプのハイブリッドシステム「e-POWER」仕様が大ヒット中の日産 ノート。 日本の道路事情にマッチした5ナンバーサイズのボディながら、大人4人が快適に乗れる広い室内をもつ、日産の主力コンパクトカーだ。 2018年上半期の新車販売台数では、無敵の強さを誇っていたトヨタ アクアの牙城を破りトップの座に輝いている。 あまりに「e-POWER」の印象が強いためご存じない方がいるかもしれないが、現行型ノートには1.2Lガソリンエンジン仕様もラインナップされている。 そもそも2012年9月にデビューした時は、1.2Lガソリンエンジン仕様のみだったのだ。 その後、2016年11月に「e-POWER」仕様が追加され、大ヒットしたという経緯がある。 だが、中古車市場に流通する現行型ノートを調べてみると、「e-POWER」仕様に対しガソリン車の中古車流通量はおよそ3倍。 2016年11月以降は「e-POWER」仕様の占める割合が増えるものの、アドバンテージはごくわずか。つまり、新車のガソリン仕様も売れているということだ。 ▲ガソリン車の流通量が圧倒的に多い現行のノート e-POWER仕様とガソリン車の格差が拡大 だが、ガソリン車もDIG-Sエンジン搭載車なら26.2km/L(JC08モード燃費、2WD)と低燃費で加速性能も十分。 それと対称的に、ガソリン車の相場は大きく下落している。いわば二極化現象が起きているのだ。 それが中古車市場では、同年式で同程度の走行距離でも、両者の価格差が50万円近くまで広がるケースもある。 例えば、「e-POWER」仕様とガソリン車の新車価格の差が約15万円あったとしよう。 それが中古車市場では、同年式で同程度の走行距離でも、両者の価格差が50万円近くまで広がるケースもある。 それくらい、ガソリン車の相場が極端に下がっている。 アクセル操作だけで自在に加減速できるユニークな運転感覚、高い燃費性能や話題性など、「e-POWER」仕様は多くの魅力を備えている。 だが、ガソリン車もDIG-Sエンジン搭載車なら26.2km/L(JC08モード燃費、2WD)と低燃費で加速性能も十分。 しかも、予算100万円では「e-POWER」仕…
————————-
今すぐ米国を購読する: https://www.youtube.com/channel/UCUw7…
————————-
当社のチャンネルに関連する著作権問題については、下記まで直接お問い合わせください。: nanceypal71146@gmail.com

————————-
日本のニュース: https://www.youtube.com/channel/UCWyQ…
————————-
ありがとうございました !

関連記事

  1. ダンボール工作 とっても便利♪ お金をわけるマシーン‼…

  2. 【生放送】科学的に正しいお金のしつけ方

  3. 【1万円企画】秋の沖縄って激安旅行できるんだぜ。【α7III Vlog…

  4. USJの屋台だけで1万円分食べ切るまで帰れませんが地獄だった̷…

  5. 出会い系でお金稼いでた女だけど質問ある?【2ch】

  6. お金は自分磨きの「道具」として使え!

  7. 【奨学金1000万円!?】給付型奨学金でアメリカ留学する方法【海外留学…

  8. 【夢を叶える】漫画で月収100万円を目指す【期間3ヶ月】04

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。