繁昌亭3千万円超えの大リニューアル「一気に勝負」 – 芸能 : 日刊スポーツ

上方落語協会の笑福亭仁智会長(66)が28日、大阪・同協会会館で会見を開き、上方落語の定席、天満天神繁昌亭の初となる大規模リニューアルの概要を発表した。今年6月を改修期間に充て、7月1日からリニューアルオープンする。 06年9月に開館した繁昌亭。今回は劣化に伴う改修で、空調設備や館内にあるちょうちんの新調、事務所の移転などを行う。総工費は「3000万円~4000万円」。 昨年6月から第7代として就任した仁智会長は、自然災害などで開館以来、初の休館を余儀なくされた昨年を振り返り「災い転じて福と成す」と、「お客さん第一」のリニューアルを決めた。 撤去される1200張りの老朽したちょうちんには、開館時に寄付をした約5000人の名前が記されている。今回のリニューアルでは、新調する800張りのちょうちんに全ての名前を記すことは、時間的に不可能なため、繁昌亭の2階スペースにプレートなどで名前を残す案が出されているという。 仁智会長も日頃から狭いと感じていた事務所は、隣接して営業していた「輪茶輪茶庵」(わちゃわちゃあん)の跡地に移転し、スペースを広げる。従業員の快適さが接客面などからお客様に伝わるという、仁智会長の思いやりが込められている。 公演面では「なるべく時間を有効に使えるように」という要望が多かったという昼席の開演時間を午後1時から午後2時に変更。全席指定とし、演目数も10本から8本に減らして1公演の時間を短縮する。チケット料金も値下げし、客足が伸び悩んでいるという昼席にテコ入れを行う。 7月はリニューアル月間として、昼席に同協会会員が日替わりで総出演する公演や記念抽選会などが開催される。 仁智会長は繁昌亭初となるリニューアルに「一気にこれで勝負をかけようと。災い転じて福と成るかどうか。お客さんに喜んでいただくように」。協会会長という立場からは「落語界に育てていただいて、こういう職に選んでいただいた。その中で、将来に向けての改革ができるというのはうれしい」と思いを語った。

関連記事

  1. リアル1ヶ月一万円生活してるけど質問ある?【2ch 黄金伝説と言えば春…

  2. 野獣先輩 お金説

  3. 軽バンを「カフェ風」な車中泊仕様にDIYしてみた

  4. ふるさと納税 プレゼント品 境港市1万円納税★

  5. [R6S]お金なくてカラオケ行けなかった参加まる

  6. ダンボール工作 とっても便利♪ お金をわけるマシーン‼…

  7. GTA5 お金欲しい ミッション中心にやる

  8. お金を稼いで無いのに稼げてしまう思考法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。